まなかなの由来

普段みなさんが使っている" ひらがな "ですが、どうやって誕生したかご存知ですか?

その昔、中国から漢字が日本に伝わってきます。ひらがなは漢字の草書体から作られたというのが定説になっています。

漢字=真名 仮名=漢字から形を借りて作られた文字。かな書道が大好きな私は、世界にかな書が認知され、もっと身近に感じてほしい・・・
そんな願いをこめて書道らうんじ" まなかな "と名づけました。かな文字は日本独自の文字文化として誕生しました。

平安時代当時は女性が漢字を使うことはタブーだったのです。そのため、習字といえば仮名文字、平仮名を指していたのです。

平仮名といえば、女が書いた文字、女の手になる文字ということで「女手」となり
「平仮名」あるいは「女性の筆跡」という意味で使われたそうです。だからこそ”かな文字”が繊細でエレガントな雰囲気を演出できるのではないでしょうか。

ひらがなに、このような歴史があったなんて、かな書道を学ぶまで知ることはありませんでした。

世界に誇れる文字文化、本物の書をあなたに。